116a.日商簿記 2級・1級コース 



ビジネスの共通言語とも言われる会計。本コースは、その会計の基礎となる簿記の基本的な知識(日商簿記2級レベル)を習得することを目的とした、「日商簿記3級修了者向け」の日商簿記検定講座になります。

簿記は、経済活動を記録する技術であるからこそ、職種や業種業界を問わず、幅広く活かせる知識/スキルであり、今や企業が求める資格として、学生や社会人から一番人気のある資格となっています。
CPAが指導理念に掲げている『考え方を押さえる学習』を通じた簿記に対する本質的な理解のもと、資格取得にとどまらない、ビジネスパーソンとしてのベースとなるスキルの一つとして、会計の基礎力を養成します。
大学生向けに定評があるCPAが、わかりやすく、わかりやすく、教えていきます。まずはビジネスの理解、そして、その先のステップアップにも必ず役立ちますので、ぜひ活用してください。



簿記検定の最高峰が日商1級になります。科目数が増える上、出題範囲は広範囲に及びます。もちろん、難度も高く、全国平均合格率10%前後となります。しかし、恐れる必要はありません。やるべことを正確にひとつひとつ押さえていけば、おのずと合格が見えてきます。
それよりも、学習期間が半年に及ぶことから、学習へのモチベーションの維持が重要となります。また、些細なことで悩んで時間と集中力を浪費するのが最も非効率です。その点CPAでは、膨大な学習内容をコンパクトにまとめ、インプットの負担を減らすとともに、単元ごとの問題演習を実施し、アウトプットの訓練も怠りません。日商1級まで学習すれば、社会的にも高い評価を受けるスキルを身につけたことになります。簿記・会計の修得を志す方々には、是非この日商1級までチャレンジしていただきたいと思います。

 

■2級

講義回数:全16回 (商業簿記:8回、工業簿記:8回) ※1回の講義は約3時間

 ・ テキスト:2冊 (商業簿記、工業簿記)

 ・ 個別問題集:2冊 (同上)

 ・ 直前答練:8回

■1級

 ・ 62回(WEB受講)

 ・ テキスト:6冊
 
 ・ 個別問題集:6冊

 ・ 直前答練:8回






  実施時期:ご注文後3,4日後、発送いたします。




※ 通学講座をご検討の方は、CPA早稲田校までお問い合わせ下さい。
  TEL:0120−669−334   MAIL: cpa-info@cpa-net.ac.jp

   ◆ パンフレット等を資料請求できます。
   ◆ 個別受講相談の予約、または電話受講相談はいつでも可能です。
   ◆ 郵送申込をご希望の方は、申込用紙等を郵送させていただきます。
  お気軽にお問い合わせください。




資料請求 受講相談 無料体験 CPA実績特徴




 

価格 : 円(税込)
数量
 
WEB/DVD
資料を取寄せる(無料)  無料個別相談を予約