【Excel講座(基礎編)】@ WEB講座


 
 
一日で現状の何倍もエクセルを使いこなせるようになる講座です!


東京CPA会計学院の
 

大学生・社会人向け、心のこもった実務Excel講座を開催いたします!
 

エクセルの技術は、社会人にとって必須のスキルになります。
 

「Excel。。。」「エクセル。。。」「excel....」



皆さんは、「Excel」は得意でしょうか?
おそらく7割近くの方は「まぁ普通に使える」と答えるのではないでしょうか。

では質問を変えます。
皆さんは「Excelを体系的に習ったことがありますか?」


どうですか?ほとんどの方は「NO」ではないでしょうか。
(※「なんとなく」というのは「体系的」には含まれないでしょう。)

実際、実務の現場でも多くの方がExcelスキル不足に苦しんでいます。

また、インターン生や就活生でも「Excel」ができればもうちょっと自信を持って対応できたのに。
と後悔したという話をよく聞きます。


はっきり言って、Excelは「学生レベル」では実務の現場でいつか恥をかきます。
そして、「実務レベル」になるためには「実務に特化した体系的なExcel学習」が必須です。


半信半疑の方へ。Excel力の不足というのは実は簡単に計測できます。
下記の質問に答えられるかちょっと試してみてください。

=========================
★【えっ!?まじか!?】社員のExcel スキルを60秒で測れる7つの質問★

社員のExcel スキルを測るのは簡単です。
下記の質問を投げかけるだけです。あなたは答えられるでしょうか。

またあなたが答えられなかったら、周りの同僚や友人にも尋ねてみてください。答えることができるでしょうか?
【基礎編】

 Q1. 使ったことのあるExcel 関数を「10 個」言ってください。と言われて10 個以上言えますか?
(※指を折りながら、数えてください。)
Q2. 絶対参照を使いこなせますか?
Q3. セルの書式設定で「ユーザー定義」をしてください。と言われてなんのことかわかりますか?
Q4. 日付のシリアル値とリテラルを理解していますか?
Q5. .xls と.xlsx の違いを説明できますか?
Q6. IF 関数を入れ子構造で使えますか?
Q7. VLOOKUP 関数で返り値が「#N/A」となったときにエラー回避をする方法は?


【応用編】
 Q1. 数値と文字列を変換できる関数を二つ挙げてください。
Q2. 構造化参照式はどんなときに登場しますか?またその使い方を理解していますか?
Q3. INDEX・MATCHの組み合わせがVLOOKUP単体と比べて優れている点を3つあげなさい。
Q4. 条件付き書式において、「ある条件を満たす場合に、その行全体の色を塗る」ときの$の付け方は?
Q5. ピボットテーブルを普通に作成すると「行ラベル」という余分な記憶が出ますが、どこで直しますか?
Q6. INDIRECT 関数・OFFSET 関数を使いこなしていますか?
Q7. データベース形式の表と、マトリックス形式の表の違いを理解していますか?

=========================


どうでしょうか?もし、上記のうち1つでも答えられなかったら、
基礎編受講対象者、応用編受講対象者となります。

ほとんどの企業では体系的なExcel 研修はありません。

ですから、もしExcel力が不足していると気づいたとき、自分で解決しなければなりません。
実務でつまづき続けるその前に、きちんと体系的に学習しましょう。


職場でのパフォーマンスを改善しなければと焦ったり、就活の面接やインターンが始まる前に、
「実務Excel講座」で安心して実務に臨める(就活に臨める)ようにしておきましょう。
Excelスキルは、いざという時必ず役立ちます。

★★注意してください!エクセルに関する 大きな6つの誤解!★★
=================================


【誤解1】 Excel は大学で最初に習ったような気がするけど。それじゃ足りないの?

【誤解2】 企業に入ったら研修でやるんじゃないの?OJT でやるって聞いたけど。

【誤解3】 Excel の本を買って読めば、できるようになるんじゃないの?


【誤解4】 Excel の作業は「得意な人」に任せればいいんじゃないの?


【誤解5】 Excel VBA(マクロ)ならまだしも、普通の操作なんて誰だって最初からできるでしょ?

【誤解6】 MOS(マイクロソフトのExcel 資格)の勉強をすれば、実務力が身につくでしょ?


上記のように思っていると危ないです。
正しい認識は「みんなもちゃんと体系的な基礎からExcelを習わないと通用しないよ!」という認識です。
=================================


「体系的」な基礎というのは下記のすべてです。
わからないキーワードがあったら要注意。


◆Excel実務レベル基礎編カリキュラム

第1章 Excel データタイプ・書式設定・ショートカット特訓!
・Excel 力チェック!
・データタイプの研究:数値と文字列の深い溝。
・セルの書式設定「ユーザー定義」自由自在。
・シリアル値とリテラルの概念を知らずにExcel ができるか。
・社内最速! Excel ショートカット猛特訓!

第2章 実務のExcel 関数と高速処理
・素人のExcel 関数作成、プロのExcel 関数作成。
・相対参照と絶対参照。
・「コピペ」と「切り取り貼り付け」の本当の違い
・オートフィル機能
・究める! Excel 絶対参照!
・関数のネスト構造論と、プログラマー気取りのススメ。
・IF 関数の攻略とフィルター機能
・VLOOKUP 関数のメカニズムと落とし穴
・エラー回避の関数(IFERROR 関数)

先着30名様限定で、下記のように講座を開催します。
実務・就活・インターンで悩む前に、まずはExcelの体系を1日でスッキリマスターしましょう。
 

◆基礎編修了後の「最善手」にもとづいた操作の参考例

 

スピードとは、「最善手」を身につけることであり、最善手をとるためには、「原理理解」と「操作感向上」の両方を養う必要があります。

東京CPAの実務Excel講座基礎編のカリキュラムを受講後の、

「原理理解」と「操作感向上」の結果による「最善手」のExcelスピードの参考例をご紹介します。

下記の動画をご覧下さい。

「実務Excel講座 基礎編」のカリキュラム内の教材を例に操作してみました。
当動画の操作はナチュラルにあくまで急がず操作をしています。


※音は出ませんから、ご職場や電車など、どこで見ていただいても大丈夫です。
 

【淀みないExcel操作】


 

当動画は、ナチュラルなペースで操作し、約30秒です。

例えば、同じ操作をExcelレベルの低い方にやってもらおうとすると、30秒どころか、30分かかっても同じ結果が出ないかもしれません。

その理由、つまりExcelレベルが低い理由は、操作感だけでなくExcelの「原理」理解ができていないからです。

社会人になってよく聞く、「仕事はスピード」というスピードとは何をさすのでしょうか。

実務Excelにおいて、スピードとは「慌てること」とか「急ぐこと」ではありません。

「最善手(さいぜんしゅ)を身につけること」です。

最善手が身についていれば、淀みなく膨大なデータを扱っていくことができます。

無料体験講義、基礎編、応用編とバリエーションも多く、すべてが一日で完結します。
Excel技術を向上させ、業務効率を高めたい方は、是非当講座をご受講下さい。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
東京CPA会計学院 実務講座
「大学生・社会人向け 心のこもった『実務Excel 講座 基礎編』」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



◆本講座の効用・効能 

社会人であれば、「部署のExcel マスター」と呼ばれるようになる。
就活中の学生であれば、「インターンでExcel を現場の社員よりも使いこなせる」ようになる。
内定済の学生であれば、「入社してすぐMAX パフォーマンスを挙げられる」ようになる。


◆ 対象


オフィスでのビジネスワークを行う社会人(および社会人候補)の95%にとってこの講座は有益・有効と
思われる。特に「職場やインターン先で、速く正確な書類作成や分析を行い、良いパフォーマンスを挙げたい」
と切に願う社会人・学生にとって、強力な効能をもたらすだろう。


◆実施概要

実務Excel講座 <実務レベル基礎編>

当講座はWEB講座になります。ご自宅で基礎編が完全フルパッケージで受講できます。
ご遠方の方・ライブ講座にご参加が難しい方に特におすすめの講座です。

※お申込後、即日~2日後を目安に当校WEBサイトのログインIDとPWを発行し、講義ファイルのご案内と合わせてメールを送付します。

※受講期限はID発行より6ヶ月以内とさせて頂きます。それ以降の受講は再度ご購入する必要があります。
 

◆費用

特別価格 28,000円(税込)


Microsoft Excel(2007・2010・2013・2016)・マウスなるべく必須
Macでも、2008以上なら可。ただし、ショートカットキー指導は、Windows版での指導になります。



◆講師より

「私の講座は、非常に緻密な構成で進むため
 普通ならば「知っている」と思える項目が、
 「全くわかっていなかった」と気付かされることになると思います。
 
 基礎編のカリキュラムを見て「簡単そう」と思われた方も、
 絶対に知らないことが多く、ロジカルに納得いただけますので安心して
 お申し込みください。

 実務5年目〜10年目の会計士の皆様も、
 「眼から鱗で感動」と皆様アンケートに答えられるので、
 一度ご受講ください。

 特に大阪でライブ講義を行える機会は多くないので、ぜひ今回ご参加ください。
 実務で、絶対に負けないプロフェッショナルなパフォーマンスを発揮できるようになります。
 大阪で皆様にお会いできることを楽しみにしております。」



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
当講座のお問合せは・・・・

東京CPA会計学院

お電話 : 0120-669-334
お問合せEmail : online@cpa-net.ac.jp

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
価格 : 円(税込)
数量
 
社会人 or 学生
公認会計士試験合格者ですか?