財務会計論・計算 短答対策講義


渡辺克己講師による、短答式試験の対策に特化したインプット講座です。短答式試験の勉強に時間を割きたい方や、なかなか短答式試験の壁を乗り越えられない方にお勧めする、シンプルに合格点を確保することを目的とした講座です。

特徴1「徹底した理解の重視」

計算に関して言えば、「分かる」と「解ける」はイコールではなく、「分かるのに解けない」ことや、「分からないのに解ける」ことが現実的にあり得ます。ここで、「分かるのに解けない」よりも「分からないのに(解法を覚えたから)解ける」方が得点に結びつきそうに感じられますが、このような短期的な視点による講義は目指していません。一つ一つの会計処理について、「なぜそうなるか」という理論的背景を、しつこいほどに説明します。「分かる」は、いずれ「解ける」へ繋がる道であり、「解ける」状態を長期間保持する役目も有します。そして、この「なぜそうなるか」という理解は、理論の学習、更には合格後の実務においても強力な武器となると考えます。

特徴2「論点の性質に応じた最適な対策」

短答式試験の合格を最優先に考えた上で、論点を大きく「連結」「組織再編」「その他」に分類し、それぞれの性格に応じた最適な対策を行います。具体的には、各論点とも背景にある考え方を重視しつつ、「連結」はパターンごとの解法習得、「組織再編」は連結視点での基本的思考の確立、「その他」は徹底したリスク・アプローチによる合格点の追求です。すべての論点を同じように扱うのではなく、理解重視の方針の下で、戦略的に各論点を攻略します。

特徴3「計算と理論の同一講師による講義」

公認会計士試験には簿記や財務諸表論という科目はありません。あるのは財務会計論という科目だけなのです。受験予備校では便宜的に財務会計論を計算と理論を分け、それぞれ専門の講師が講義を行いますが、同じ科目である以上は同一講師による一貫した説明に基づく講義が行われることが理想です。短答対策講座では、財務会計論の計算と理論を同一講師が担当することにより、「計算の学習時には理論的背景を意識し、理論の学習時には計算の処理を想像する」という、理想的な学習が可能となります。  

対象

平成30年第恐鹵仕式試験を受験予定で、短答特化型の対策を行う財務会計論(計算)の学習経験者  

講義回数

18回(各回3時間)  
財務会計論 渡辺克己講師



渡辺克己

プロフィール
平成7年慶應義塾大学経済学部卒業
公認会計士受験指導歴23年
財務会計論の計算(簿記)と理論(財務諸表論)をともに担当し、いずれも作問と講義を行う
平成5年公認会計士第2次試験合格、公認会計士  
講師からのコメント
公認会計士試験の対策については、短答特化型の対策と短答論文並行型の対策の2つの方法が存在します。どちらが適するかは各自の受験環境及び受験戦略に左右されるため、絶対的な正解は存在しません。短答対策講座は、あくまで短答特化型の受験生を対象とした講座です。合格者が口を揃える「勉強は論文のときの方が大変だったが、振り返ってみると短答の方が高い山だった」という言葉は、運の要素が多分に含まれる短答式試験の方が、論文式試験よりも試験として怖いことを表していると思います。この短答式試験に全力で立ち向かう受験生に、本試験で合格点を確保するための道筋を示していきたいと考えています。

※テキストのほか、オリジナルレジュメを用いて講義を行います。
講義動画: 18回(各回3時間) 
計算テキスト: 6冊
個別計算問題集: 5冊
短答対策問題集: 2冊
オリジナルレジュメ: 各回の講義に付きます

2018年1月20日~3月19日実施 実施後順次発送

実施、またはご注文から1週間以内に発送します。
銀行振込の方はご入金確認後1週間以内に発送します。
 
価格 : 円(税込)
数量
 
資料を取寄せる(無料)  無料個別相談を予約